サイト内検索

連絡先・お問い合わせ 講演依頼はこちらから

募金詐欺に注意

活動日報

ちょっとづつ説明8

2018年 4月 30日 (月) / PM 5:39

o0607108014178918631 o0607108014178918642

熊本、東京、福島でやらせていただいてることを先に紹介しましたが、ふるさと宇土のことを忘れたことはありません。

 

全国どこでも胸張って活動できるのは、地元宇土がしっかりしているからといいますか、優秀な仲間、先輩、協力者に溢れているからです。

 

我が地元で空き家活用の民泊をスタートさせるのですが、収益はもちろん全額宇土のための社会活動です。

 

障害者手帳を持っていないけど就業が難しいとか、高齢のため…という方々を日々の室内清掃で雇用していければ…という考えでマンスリーから民泊に転向したのですが、それでも収益出そうだぞどうする?ってことで、

 

最初から使い道を決めてのことだったらNPOが収益事業をやっても、皆さま納得していただけるだろうと自分の中で納得させました。

 

さて、その気になる使い道ですが…被災者救済はお役所と被災者つないだり、大企業と生産者をつなぐことで復興支援事業としようと。創造的復興という言葉どおり、宇土にもっと人が来てくれるようなこと、宇土が楽しくなるようなことをやりたいです。

 

宇土には素晴らしいところがたくさんあります。

 

轟水源、立岡の池、御興来海岸、宇土城跡…また宇土半島海沿いコースはドライブに最高です。

 

この素晴らしい点と点をつなぐところ、情報発信スペースを宇土の入り口に作りたい!それがもし補助金でできるのならば、オープンカー何台か買ってカップル用のレンタカー屋さんでもやって宇土半島スタンプラリーでもやろうや!と、全てこれ楽しいんじゃ?をベースとして考えています。

 

東京にいるとよく「熊本はどう?大変でしょう?」と聞かれます。

 

はい。大変です。ですが被災者救済を考えたら震災直後ではないのですから、公の制度、または企業様の支援的協力をかみ砕いてつなぐ方が絶大な効果があります。

 

それくらいこの日本という国は素晴らしい国なんです。優秀な公務員、指示する政治家、善意に溢れる企業、細かいとこに手の届くNPO、そういう企業やNPOを支える支援者(国民)という具合に素晴らしい国なんです。

 

夢ある話に力を使わないと、いつまでも助けてもらう側のままです。御理解と御協力をよろしくお願いいたします。


上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージをお願いします。

皆さまからの寄付金で支えられています。

『地域の清掃活動』と『街頭募金活動』を通して東日本大震災復興支援活動を行う当団体は、NPO法人ですので特定の宗教・政治団体とは一切関係がありません。皆様からの寄付金によって支えられています。

  • これまでのあゆみ
  • 会計報告
  • 募金のお願い

<平成27年度>25,406,428円
のご寄付をいただきました。

メルマガ

メルマガで最新情報をお届けします。
ご希望の方は、以下にメールアドレス入力後、登録ボタンをお願いします。



活動日報

・防災ページ

・各種署名のお願い

・1日1コだけゴミを拾おう!

・応急救護・オレンジリング講習

リヤカーで全国行脚

リヤカーで全国行脚の現在

現在日本全国を清掃中です!
燃えるゴミ1,187袋
不燃物 385袋
空き缶 34,865本
空きビン 4,285本
空きペットボトル 25,499本

4,724人の協力を得て
4,513km歩いて清掃しています。