サイト内検索

連絡先・お問い合わせ 講演依頼はこちらから

募金詐欺に注意

上村剛の活動日報

坂井兄貴との夜

2015年 1月 29日 (木) / PM 6:25

 

20150128_214234

2015年度の事業の御助言をいただくために戸塚にお邪魔してきました。

街角コンシェル事業

ドロップイン事業(猫のシェルター+シェアハウス+高齢者の憩いの場+英会話による学童保育)

第一次産業の通販事業

モールへのミニ写真展の常設事業

外国人の福祉施設派遣事業と外国人向けの日本語と日本の常識教育事業

そして環境アプリ事業とそれに付随するクラウドファンディングと復興アフリエイト

モデル地区として一番に戸塚でドロップインと街角コンシェル、モールでのミニ写真展の常設を始めていきます。

坂井さんに相談したということは、役所からは金銭的な支援は受けないつもりです。

お金以外の協力関係を考えるのがNPOの醍醐味です。

上村剛は舎弟として坂井の兄貴を支えていき、坂井さんとともに青年協議会を躍進させます!

 
 
 

上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージを募集しています

青年協議会劇場。道徳なくしては何もありません。

2015年 1月 27日 (火) / AM 1:43

私は米谷塾長から教えを受けましたので「義が先、理が後」とまず精神を大事にします。



しかし、米谷塾長から「この人から教えを受けそれを守りなさい!」と阿曽田先生を紹介していただいたので、



経世済民と、まずはどうやってみんなの生活を向上させるか?どうやったら資金がまわっていくかを大事にする、言わばハイブリット仕様です。



というのも、青年塾は塾長の私財を数億円使ってきた一面がありますので、そのつぎ込む私財が無い私のために、ちゃんと考えてやれよって意味で阿曽田先生を御紹介していただいたと思います。



塾長も「地域興しは心興しから入り経済発展までやらなくては」と常日頃から言われてます。



悪い意味での自己満足にならないように、経済を大事にしなさいとは耳タコで教わってきました。



ですが!!道徳と経済を天秤にかけた場合、まよわず道徳を優先させます。



本日はそんなお話です。



そんなレベルなの?と思われたくないためあまり記事には書きませんが、青年協議会スタッフ達は、ほぼ毎日のように上村剛から雷を落とされてます。



ちゃんと朝は起きなさい。



歯磨きして爪切りなさい。



清潔にしなさい。



服はちゃんと洗いなさい。



足広げて座らない。



電車では年配の方には席を譲ること。



脱いだ靴は揃えなさい。



5分前行動。



言い訳せずまず謝りなさい。



呼ばれたら返事。



…もう殆んどオカンの気分です。



毎日小さい雷ですが、今回は大きいドッカーン…



それは仲間意識です。



できない子がいる。できないのを見て知ってるのに、それを手助けしない。



さて、目の前の困った人間を助けれなくて、復興支援だー!ってのはおかしくないです?



日曜日で街頭募金で気合いを入れなきゃいけない日でしたが、全員事務所に戻して大説教。



どんなに仕事ができて、収益事業までやれ、青年協議会にお金を運んでくれるような立場になれる者でも、



人間として大切なことができない子は、いつまでも研修、いつまでも街頭募金です。



みんな自分の元から離れるために頑張ってるので、自分のとこにいるってことは、そういうことを学ぶためにいるので、



これが自分の役目だと割り切ってるはずなのですが、やはり色々疲れます。



イライラをおさえるために桂花ラーメンをすすって元気を取り戻しました。



青少年育成の道、人材育成の道は険しいです…

上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージを募集しています

バラバラで一つです。

2015年 1月 25日 (日) / PM 8:52

20150123_114327 (1)

あまり記事にはしてませんが、毎月の定例会以外にも、



支部だったり事業だったり、上村剛から何かを任せられた人間達は毎週1回集まりミーティングを開いて、進行具合や方向性の確認をしてます。



今週は大きい動きがいくつもあったのでミーティングも長めでした



台湾人派遣会社とのコラボ事業(年間5000人のワーキングホリデーを獲得しました。)による街角コンシェルと猫のシェルターの大量増設。



外国人実習生制度が介護へも拡大するためにスリランカ、フィリピン、ベトナムにも事業所拡大という方針。



第一次産業の通販事業。



そして先日環境省の助力を得ることになったエコアプリからのクラウドファンディング。



NPOだけでは限界がありますので、営利企業と組み、もしくは自分達で立ち上げ、その収益をNPO事業にまわしたり、スタッフの給与にしたりしてます。(通販事業みたいに収益事業自体が復興事業というのもありますが、税制の都合上、営利法人で行い広報をNPOでやり後援という形をとります。)



上村剛が企画と事業に必要な人脈と資金を用意して、厳しい研修をくぐり抜けたスタッフ達に事業をやってもらうという道筋はここ数年で出来上がりました。



個で見ると、猫の里親カフェ、就労支援、防災、人材育成、青少年育成、アプリ…という風に自分からパスされる事業はバラバラです。



しかし!復興のため!社会のため!という大きい目標は同じです。



この支部支部がてんでばらばらの事業を行う青年協議会スタイルは、米谷塾長の「バラバラで1つ」という教えに基づいてます。



他分野でも、しかも小さな活動でも、大きい方向だけを同じものを見とけば、



それが結果的に大きなことになるし、結果的に上手くまとまります。



まとめようとするのは、塾長のDNAを引き継いでるかぎりNGです。



研修をくぐり抜けたら、それぞれバラバラで活動。



しかし、その研修をくぐり抜けれる者が少ないのが悩みの種なのですが…



ボランティアを広くひろめるために活動してますが、そのリーダーとなる人間には厳しいハードルをという姿勢を崩せないです。



なかなか妥協できないんですよねー…



何かやりたいんだけど、何をしたらいいのか、何から始めればいいのか解らず、毎日パソコンの画面の前に座ってる方!



青年協議会はどんな方でもやることがそれぞれあり、学歴経験不問です。



seinenkyougikai2003@gmail.com



まで御連絡ください。



厳しいですが、全てあなたのためです。

上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージを募集しています

怪我(病)の功名?健康ってのがわからなくなってきました…

2015年 1月 24日 (土) / PM 3:19

朝から体調を崩してるスタッフ達を説得してBスポット治療に連れていきました。

ゥッ…とかなりながら(さすがに3回目ですので、最初の痛みを10としたら4くらいの痛みでした。)

みんなもこれで良くなるといいなーちゃんと治療我慢できるかなーとワクワクニヤニヤ…(4人連れていき1人はリタイヤ)

その後、毎月通わなくてはいけない病院に血液検査の結果をもらいに行ってきました。

強い薬らしく肝機能に影響があるので、血液検査の結果が悪ければ薬は処方してもらえません。

血液検査を始めて半年ほど…毎月検査する度に、生活を改善しないと、もう薬出さないよ!と叱られる検査結果だったのですが…

今月は劇的に改善されてました!(今までは糖尿病患者や痛風の患者より悪い数字でした。)

主治医のオバチャン先生は大喜び♪

「この3週間頭痛がマックスなシーズンに入ってしまい、お酒はもちろんのこと、食事もあまりすすまないから5キロほど痩せたっていうかやつれたんですよね…」

と伝えたのですが、あなたはやつれたぐらいがちょうど良い!と笑われて終わりました…

頭痛のおかげで臓器は驚くほど健康になってくれたみたいです。

たった3週間でそんなに変わるものなんですね…

頭痛は文字にあらわせないくらい苦しいのですが、一方で臓器がこんなに元気になってくれるなんて…

しかもそういえば、頭痛が始まったらすぐに横になってますので、睡眠をタップリタプタプとってるせいか、持病の蕁麻疹も全く出てません。

これはもしかすると、身体のためにストッパーとして頭痛が作用してくれたのかもしれません。

これは頭痛もさん付けもしくは様と呼ばなくてはいけませんね…

頭痛様に感謝。

※こういう話をすると宗教とかに間違われやすいですが、上村剛&団体としての青年協議会は特定の宗教に思い入れはありません。

私は頭痛様のおかげで、せざるをえない状況になりましたが、やはり粗食&休養が健康には一番みたいです。

 
 

上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージを募集しています

大きな一歩

2015年 1月 23日 (金) / AM 11:06

20150122_145236

環境省にお邪魔してきました。



今回は坂井学先生など政治家先生達の口添え無しです。



政治家先生のお力添えをいただいたが、色々早いのかもしれませんが、



青年協議会の今後数年間の一番のメイン事業と言ってもいいくらいの案件ですので、



急がずジックリと取り組みたいですし、政治家先生経由だとその案件は通っても、以後色々気難しいと思いまして…



官僚の友達に「行政と二人三脚でジックリと進めたい事業のため」と頼み込んで紹介していただきました。



その事業とは…過去チラホラ記事にしてきた環境アプリ「ecoタウン」です。



日々の生活を改善することでどれくらい環境にいいか計算してくれる。プラス!一人の力は小さいけど、みんなでやればこんなに凄いことになるってのが解るアプリです。



しかも!!!環境に良いことをやればポイントがつき、そのポイントを自分が応援する復興支援団体に寄付できます。(ポイントを換金していただける企業様を絶賛募集中です。)



他にも、アプリ経由で楽天などのネットショップで買い物をしていただけたら、お買い上げ金額の1%が復興支援に使われるという、魔法のようなアプリです。



日々の生活のほんのちょっとで、地球環境に貢献できて、さらに復興支援となる。



面白いと思いませんか?



復興復興って言ってるくせに環境アプリ?と今まで思ってた方もおられると思いますが、ちゃんと説明を聞けば納得していただけたのではないでしょうか?



完成するまでは全容をお話しすることができず申し訳ありませんでした。



そんなアプリが99%完成したので、色々御助言をいただきにきた環境省ですが…







……



………



パンバカパーンドンドンドンパフパフ♪無事に御指導、御助力をいただくことができました!!!



プレスリリースまでは協力していただける詳細は書けませんが、今後一緒になって地球環境のため、復興のためと目指すところは定まりました。



この調子で復興庁、経産省、文科省へと御助力を求めに行きます!



本日環境省にお邪魔して、しみじみとリヤカーのお掃除旅、またお掃除旅の言い出しっぺの塾長と財務省の小宮さん、担当だった神谷さんに感謝いたしました。



後ろだての無い私にとって、あのお掃除旅が無かったら、社会貢献の本気度も伝わらず、エコも自分のエゴを通すものに見られてたと思います。



どんなにいいアプリでもスタートにたどり着くことができなかったと思います。



あのお掃除旅に感謝。支援していただいた皆様にあらためて感謝いたします。



恩送りとして必ずや日本の復興につなげます。

上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージを募集しています

皆さまからの寄付金で支えられています。

『地域の清掃活動』と『街頭募金活動』を通して東日本大震災復興支援活動を行う当団体は、NPO法人ですので特定の宗教・政治団体とは一切関係がありません。皆様からの寄付金によって支えられています。

  • これまでのあゆみ
  • 会計報告
  • 募金のお願い

<平成25年度>66,087,259円
のご寄付をいただきました。(H26.3.31現在)

メルマガ

メルマガで最新情報をお届けします。
ご希望の方は、以下にメールアドレス入力後、登録ボタンをお願いします。



活動日報

リヤカーで全国行脚

リヤカーで全国行脚の現在

現在日本全国を清掃中です!
燃えるゴミ1,187袋
不燃物 385袋
空き缶 34,865本
空きビン 4,285本
空きペットボトル 25,499本

4,724人の協力を得て
4,513km歩いて清掃しています。

1日1個だけゴミを拾おう!

活動の趣旨と宣誓書の受付フォーム

オレンジリング

  • 青年協議会
    携帯サイト