サイト内検索

連絡先・お問い合わせ 講演依頼はこちらから

募金詐欺に注意

活動日報

つながりキャンペーン開始

2015年 7月 4日 (土) / PM 8:46

image

環境&復興支援アプリ「ecoタウン」が完成しました。

今まで話をふってたマスコミ、省庁、団体、企業、自治体に協力を求めていきますが、青年協議会は青年協議会で青年協議会流に拡散させていきます。

ってことで、毎週1回定例の支部長会議も終始営業手段の話し合いでした。

11人の営業マン(支部長)がいるので、青年協議会らしく足と汗でかせいでいきます。

アプリだけではなく様々な連携がとれるよう、電話アポ後に訪問しての団体説明、人材紹介、相互リンク、バナー、メルマガでの協力、募金箱、ポスターのお願い。

そして青年協議会ができることとしてクラウドファンディング、イベントのお手伝い、カガリビ掲載の提案。

みんながちゃんと週5件のノルマを守ってくれれば、半年後には1000以上の団体とつながることができます。

青年協議会の弱点は米谷塾長の人脈、上村剛の人脈に頼ってるところです。

スタッフ全員で弱点を克服していきます。

上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージを募集しています

悩みを解決するために社会貢献

2015年 7月 3日 (金) / PM 6:15

image

ご存知の方も多いとは思いますが、青年協議会スタッフ達は色々な事情を抱えてる子達を中心に構成されています。

精神疾患、発達障害、性同一性障害、金銭トラブルを抱えた子、元ニート、罪を犯した子…ごちゃ混ぜ状態ですが、

これは塾長の「疎外感を感じてる者を集めなさい。そういった組織が強い。」という教えに基づいてです。

勿論各支部長達もその教えに従ってくれてるはずです。

私のとこにいるスタッフ達からは相談など良く受けるのですが、支部スタッフ達は顔も知らない子もいるので、総会で悩みの一番簡単な解決方法を話させていただきました。

いつも受けてる相談内容は、将来、仕事、借金、家庭不和…皆自分のことで悩んでます。

悩めば悩むほど自己中心的な考え方になってしまいがちですし、悩めば悩むほど事態が悪くなることが多々あります。

そもそも悩んでも解決する術など無いことがほとんどです。

だったら!悩んだら社会貢献を本気でやってくれ!といつも私は言います。

自分のことではなく社会をどうかという悩みだったら解決していく楽しみがあります。

一人ではなく、仲間と解決していく楽しみがあります。

社会貢献を進めていくと、自分が社会に生かされてるということに気付きます。

そこまでいったら悩みなんか忘れてます。

なんてちっぽけなことで悩んでたんだろうとなることが多いです。(そりゃ不味いな!!ボランティアしてる場合かよ!って悩みで解決策がある場合は、みんなの力でまず先に悩みを一緒に解消します。)

社会貢献だけが助かる近道なのです。

総会でこれを言った時は、先生方々はウンウンその通り…という反応。

騙さてでもいいので、やってみたら解るものです。

悩んでる方々!

まずは御電話ください!

数年ぶりに上村剛直通電話を再開します!

ビビッときた方は09033440244<上村剛>まで。

悩みを笑いで吹き飛ばしてよって方は08022953391<星野竜馬>まで。

もう何が何だかわけわからないって方は08042752143<池田ちかお>まで。

まずは一本御電話ください。

出れない時は、必ず折り返し御電話させていただきます。

直接会って相談聞いてよって方も、まずは御電話ください。

ほぼ毎日東京埼玉千葉神奈川のどこかの街角で街頭募金で立たせていただいてるので、ちゃんとお会いしてお話聞くことも可能です。

上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージを募集しています

笑顔の連鎖

2015年 7月 2日 (木) / PM 3:59

image

錦町の森本町長が上京して総会で0キャンの報告をやってくれました。

1年目からずっとお世話になってるのですが、総会でみんなの前で

錦町は福島側が求める限りずっと受け入れ続ける!

と約束してくれました。

ってことで第9回0円キャンプスクール開催します!

お世話になってばかりでは…ということで、実は前記事のイドリスノと坂井代議士は錦町からのリクエストでした。

錦町には日本国内唯一のハラル認可を受けた食肉加工場があるのですが、国際取引のゴタゴタで、上手く運用なされておりません。

それを錦町長から聞き

ん?

原田代議士は外務委員長だし、ハラルは坂井代議士が力を入れてたぞ…

去年ハラルのサミットを開催したイドリスナに相談してみるか…

→ゼンカイミートのハラル認可の指導はイドリスノがやってたのが発覚!

→なんとイドリスノはイスラム教徒向けの新聞も発行してる!

→インドネシアのアチェに牧場もやってるから、日本とイスラムのためになるなら好きにしろと。

→インドネシアだけではなくOIC自体に掛け合ってやるからラダマンが終わったらメッカについてこい!

と、いつもの如く漫画みたいなノリで進んでおります。

国や企業様が絡んだことですので、難しいことは某大手代理店に任せ、上村剛は人と人とのつながりだけ…となりますが、社会が良くなるならば全てOKです。

0キャンで福島の子ども達→錦町→イスラム社会

笑顔や感謝はドンドン連鎖、加速、倍増するものです。

上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージを募集しています

人は会うべき人には必ず会います。

2015年 7月 1日 (水) / PM 6:45

image

イドリスナと坂井学代議士のとこにお邪魔してきました。

(ネットで検索してもらえば出てくると思いますが、)イドリスナ・マジットは在日イスラム社会の重鎮。

昨年はOICの世界会議を日本で開催した人物です。(イスラム圏以外での開催は世界初)

そして坂井学代議士は国土交通部会長で担当は観光。勿論ハラルにも力を入れてられます。

昨年自分の紹介で縁を持ってもらい、坂井代議士がイスラム圏に行かれた時もイドリスナが色々助けてくれました。

終戦記念日に靖国神社で「日本のおかげで東南アジアは開放された!」など発言してくれたり、

在日40年なので、三十代の日本人には「あなたより私が日本ながいよー」が口癖の超日本ラブなインドネシア人です。

上村剛はなぜそんなイドリスナと知り合いなの?と思われる方が多いと思います。(勿論塾長からの紹介とかではありません。)

このブログを5年程前からさかのぼって読んでいただけると理解していただけると思います。

ちゃんと御天道様に恥ずかしくないような生活をすれば、必要な時に必要な縁が必ずあります。

無い時はまだまだ徳積みが足らないだけです。

世の中よくできている。

あのリヤカーでのお掃除旅をやらせていただいてから、本当にそう思えるようになりました。

米谷塾長からは、人脈を求めての出会いの場(会合・パーティーなど)に行かなくても、ちゃんと狭く深く活動を続ければ、その時々に必要な縁が必ずあると教わっております。

人は会うべき人には必ず会う。

遅からず早からず。

それまで自分の道を進むのみです。

上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージを募集しています

WEB活用

2015年 6月 30日 (火) / PM 8:57

image

青年協議会の今年のテーマは原点回帰!

色々なことを思い返すと、青年協議会スタート時はWEBの恩恵を大きく受けて活動させていただいておりました。

塾長の教えやその教えにのっとって活動してる青年協議会、また青年協議会だけではなく社会活動の素晴らしさを広めていくためにも、WEBは本当に便利なツールです。

上村剛が日々の活動にも口出しをして味付けを変え、毎日ブログを更新させ、WEBを活用させていただこうと考えているのですが、

ブログ記事は自分で書きますが、更新のタイミングや青年協議会ホームページ全般の「見せ方」は外部に委託することにしました。

それは(私も陥ったことがあるのですが)WEBの反応を気にするあまり、「どう見せるか?」に力を注ぎ過ぎて実際の活動が疎かになるのを防ぐためです。

社会活動をやる上で、企業様や為政者や政府や自治体の方々と組んでやる場合は、(今では青年協議会単体での事業の方が少ないです。)記事にできるタイミングなども重要で、載せたがいいか悪いかを考えていくと

何も書けないじゃない!となってしまいます。

WEBと現場両方大事で、上村剛は「どう見せるか?」はあまり意識せず、現場に重きを置いた方が団体のためにも社会のためにもなるということです。

原点である塾長はWEBなんか食べ物か?とか聞きそうですし、(携帯電話とFAXは活用されてます。)この写真の坂井学アニイはWEBを活用はしてますが、実際に会って眼を合わせて話した人しか信じません。

どこまで便利になっても、大事なことは変わらないのかもです。

青年協議会の原点、上村剛の原点は、WEBは活用させていただきましたが、それにより、たくさんの人に頭を下げて、たくさんの人に実際会え、たくさんの話を聞けたことです。

この大事さをスタッフ達にも教えていきます。

上村剛のブログ  募金、ご寄付のお願い

応援メッセージを募集しています

皆さまからの寄付金で支えられています。

『地域の清掃活動』と『街頭募金活動』を通して東日本大震災復興支援活動を行う当団体は、NPO法人ですので特定の宗教・政治団体とは一切関係がありません。皆様からの寄付金によって支えられています。

  • これまでのあゆみ
  • 会計報告
  • 募金のお願い

<平成25年度>66,087,259円
のご寄付をいただきました。(H26.3.31現在)

メルマガ

メルマガで最新情報をお届けします。
ご希望の方は、以下にメールアドレス入力後、登録ボタンをお願いします。



活動日報

・防災ページ

・各種署名のお願い

・1日1コだけゴミを拾おう!

・応急救護・オレンジリング講習

リヤカーで全国行脚

リヤカーで全国行脚の現在

現在日本全国を清掃中です!
燃えるゴミ1,187袋
不燃物 385袋
空き缶 34,865本
空きビン 4,285本
空きペットボトル 25,499本

4,724人の協力を得て
4,513km歩いて清掃しています。